特徴に合わせて塗料を選択

ヒートアイランド対策としての外壁塗装

人口が増加していることから、中村区ではヒートアイランド現象による気温の上昇が顕著となっています。そのことから中村区では、熱による外壁のヒビ割れが多発しています。外壁の多くは、熱で膨張する性質のあるセメントがベースとなっているからです。ヒビが入るとそこから湿気が入り込むことで、住宅内ではカビや錆びなどのトラブルが発生しやすくなります。これを防ぐためには、外壁にヒビが入る前に、外壁塗装を行うことが肝心です。
外壁塗装では様々な塗料が使われますが、ヒートアイランド対策には、セラミック塗料が特に適していると言えます。これは、シリコンにセラミックの粒子を混ぜ込むことで作られた塗料です。セラミックには遮熱効果があるため、これを塗っておけば、真夏でも外壁は極端に熱されることはなくなるのです。またベースが撥水性のあるシリコンなので、塗装後は雨水も湿気もブロックされることになります。つまり外壁が熱と水分の両方から守られやすくなるということです。
もちろん外壁が熱くなりにくいわけですから、必然的に屋内の温度も上昇しにくくなります。ヒートアイランド現象により、周辺地域よりも暑さが厳しくなる日でも、涼しく過ごすことが可能となるのです。

中村区の外壁塗装のあれこれ

愛知県は太平洋側の気候にあたりますが、比較的晴天の日が多く暖かな日が多いことが特徴的です。それゆえに、中村区の外壁塗装もその地域ごとに特色を生かして選択することができるといえるでしょう。外壁塗装といえば、水性のものと油性のものとで選択することができますが、一般的には油性のものが長持ちするということで選ばれます。
しかしながら、油性ですと長持ちする上に機能面でも優れていますが、臭いがきつく多少お値段も水性に比べると費用がかさんでしまうというデメリットがあります。水性ですと保管の際にも特別留意しなくてはいけないこともなく、サッと塗れて安価なので便利です。ただ、なかなか乾きにくいという一面がありますので、乾いた天候の日が多い中村区なら選択肢の一つにいれておいて良いかもしれませんね。
住宅地も多いので、ちょっとした小屋などの塗装程度ですとお値段も安価ということで、臭いもない水性塗料を選ばれる方も多いようです。もちろん、油性に負けず劣らずの機能を兼ね備えた水性塗料も最近では出ているので、業者さんに依頼する前にご自身でもチェックしてみるといいかもしれません。性能が高まれば結果的にお値段がかさみますが、手軽さで水性を選ぶという方も多く見られます。